スケルトンオフィス東京が考える
「スケルトンオフィス」とは?

スケルトン=「建築の躯体が表されている」 オフィス=「働く場所」

スケルトンオフィス東京がセレクトする物件の条件

  1. 「内装による良さではなく、建物自体の良さが感じることができ」
  2. 「家具や器具を取り付けるだけですぐにでも働く場所にできる空間」

スケルトンオフィス東京がセレクトする物件の条件

  • 躯体が剥き出しの部分が多く占める物件
  • 大きな内装工事をせずに入居が可能な状態
  • 環境や建築などからいい気が感じられる物件
  • 東京(一部神奈川)の都心におけるターミナル駅を中心とした好立地の物件

時代とともに働き方に多様性が生まれ、オフィス=働く場にも変化が求められる

より先進的な会社ほどリモートワークの導入により不必要な出社がなくなり、
デジタル技術の浸透により、ルーティーンワークが削減され、
一方で日々の業務に、よりクリエイティビティが求められるようになってきています。

そんな中、働く場所として求められるオフィスも
従来のOAフロアとオフィスパーティションに囲まれた“オフィスらしいオフィス”から、
一見してオフィスには見えない、自分たちらしい働く場が必要になってきていると感じています。

従来のオフィス
らしさの感じるオフィス

スケルトンオフィス東京が考える“スケルトンオフィス”は
アイデンティティの表現とサスティナブルの共存を可能にします。