クリエイティブでブランド力を持った企業に必要なオフィスの種類

成長フェイズによってオフィスの種類が異なります。

オフィスの種類は成長フェイズに合わせた種類が複数あります。

その中でもクリエイティブな業種のオフィスは
より明確に成長フェイズに合わせたオフィスを分類することができます。

シードステージ(1~5名)

やるべきこと:
アイデアの創出

必要な空間:
投資することなく手に入る
リラックスできアイデアが湧く空間

対象空間:
すでにつかうことができる空間で行う

アーリーステージ(5~10名)

やるべきこと:
プロダクト開発

必要な空間:
投資を抑えつつ自分たちらしさと
コミュニティを手に入れる

対象空間:
スタートアップ向けコワーキングスペース

ミドルステージ(10~100名)

やるべきこと:
改善

必要な空間:
個性を表現し、共有しつつ
仲間を増やし効率を上げる

対象空間:
スケルトンオフィス

レイターステージ(100~1000名)

やるべきこと:
スケール&統制

必要な空間:
大人数を管理でき
アイデンティティを損なわない空間

対象空間:
オリジナルヘッドオフィス

オフィス分類

クリエイティブでブランド力を持った企業のしんかのために必要な空間

オフィスは

企業文化を表現される空間

として変わっています

コロナでオフィスのあり方は大きく変わっています。

そんな中で企業がオフィスを設ける理由が働く場所から企業文化を表現する場、企業文化を育む場として変わってきています。

大きな投資をせずに、気軽に実現できるのがスケルトンオフィス。

スケルトンオフィス東京では
もっと気軽にあなたの会社らしさを表現できるお手伝いをしています。


クリエイティブでブランド力を持てる
しんかできるオフィスにしませんか?